九頭竜川鳴鹿土地改良区

お問い合わせ

0776-66-4848

福井県坂井市丸岡町東二ツ屋17-59

くずりゅう千年耕園
九頭竜川の清流 パイプで運ぶ農業用水
九頭竜川の清流 パイプで運ぶ農業用水

お知らせ(豪雨災害について)

第9報 9月30日(金)13時00分

番水等によりご不便お掛けしておりましたが、皆様のご協力により、無事かんがい期を終えることが出来ました。
被災施設の復旧工事につきましては、現在、協議・調整を進めており、令和5年3月での完了予定となっております。
なお、工事中に断水する期間がありますので、その際にはご協力をお願い致します。

 

第8報 8月14日(日)7時30分

用水供給量が通常の1/3程度のため、現在も区域によっては給水栓から水が出にくい状況が続いております。
引き続き皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ご協力をよろしくお願いします。

 

第7報 8月13日(土)12時30分

【緊急】取水調整のお願い

用水供給量が通常の1/3程度になっているため、一部区域において給水栓から水が出にくい状況が発生しています。
出来るだけ多くの農地に用水を供給するため給水栓の水管理について下記のご協力をお願いします。

 

1.給水区域を決めて順番に通水(番水)
2.給水栓の開度調整(絞り吐出し)
3.給水終了後はすみやかに給水栓を閉めてください

ご迷惑をおかけしますが皆様のご協力をお願いします。

 

第6報 8月13日(土)8時30分
<緊急のお願い>
現在、全面通水に向け幹線用水路から、順次作業を進めておりますが、昨日、使用可能となった一部区域で多くの用水が使われ始めた為、充水作業に支障をきたしております。
充水作業完了に向け流量の制限をさせていただきます。
本日は用水の使用を極力お控えください。
多くの農地に用水を届けるため、みなさまのご協力をお願いします。

本日の充水作業
①十郷用水路:十郷調圧水槽から下流の末端水路
②春江北部用水路:春江北部調圧水槽から下流の支線用水路及び末端水路
③高椋新江用水路:末端水路

 

◯節水のお願い◯

用水の供給量は1/3程度となるため節水のご協力をお願いします。
番水や給水栓の絞り吐出しなどの調整を行わないまま水を使用されますと取水に支障が出ますので重ねて節水のご協力をお願いします。

 

第5報 8月12日(金)8時30分

現在、通水に向け、幹線用水路から順次作業を進めております。

本日の充水作業
①十郷用水路:十郷調圧水槽から下流の用水路
②春江北部用水路:春江北部調圧水槽から下流の用水路
③河合春近用水路:河合春近調圧水槽から下流の用水路
④高椋新江用水路:末端用水路

 

◯節水のお願い◯

・充水作業を進めており順次取水できる状況になりますが、供給量は1/3程度となるため節水のご協力をお願いします。
・一度に大量の水を使用されますと取水に支障が出る場合がありますので、節水のご協力をお願い致します。

 

第4報 8月11日(木)13時00分

取水施設の除塵機3台のうち、2台の損傷が著しく復旧できないため、1台のみの稼働により通水し、充水作業を続けております。通水後も1/3程度の供給量となるため、節水のご協力をお願い致します。

本日の充水作業
①十郷用水路:取水口~十郷調圧水槽まで
②高椋新江幹線:幹線、支線(末端水路除く)
③河合春近用水路:取水口~河合春近調圧水槽(つくし野病院前)まで

 

第3報 8月9日(火)23時30分

幹線最上流部の充水を開始いたしました。

 

第2報 8月8日(月)15時00分

災害による取水施設の損傷について、現在、状況確認及び応急処理を行っており、8月13日(土)頃の通水を目指して作業を進めております。

 

第1報 8月5日(金)10時00分

令和4年8月4日に発生した豪雨の影響を受け、取水施設の一部が破損し、右岸側の取水が出来ない状況となっており、復旧に数日を要するものと思われます。組合員の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

決算報告書

最近の決算報告書はこちらからダウンロードください。
 決算報告書

土地改良区情報

理事長あいさつ

理事長 山本文雄

九頭竜川鳴鹿土地改良区
理事長 山本文雄

日頃は九頭竜川鳴鹿土地改良区の運営につきまして組合員をはじめ地域の皆様、関係機関の皆様には格別のご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

国 県 市町が一体となって取り組んできた、国営九頭竜川下流域農業用水パイプライン事業は、平成30年に、めでたく完成しました。この事業は、20年の歳月をかけて名実共に日本一の事業とし取り組まれ、稀に見る注目の事業として、高い関心が寄せられて参りました。その事業費も 国営事業・県営事業を合わせて約2,000億円とも云われており、100年の体系の中、農業近代化の大きな事業であります。

また、全国に類をみない大規模な国営パイプライン事業と並行して進められた県営パイプライン事業によって、鳴鹿大堰から九頭竜川の清涼な水を九頭竜川下流域の隅々まで送水できるようになり、渇水の心配どころか、夏場でも冷たくきれいな水で、おいしいお米がより一層、おいしくなったと極めて好評であります。そして、水田の給水栓を使用し、キャベツ、玉葱、白葱などへのチューブかん水の導入や、ICTを活用して遠隔操作で給水や水量調整を行うなど、最先端の営農が取り組まれるようになりました。

私達の九頭竜川下流域については、小学校5年生の社会科の教科書に掲載されることが決定し、全国の子供達がこの地域の事を学ぶことになります。また、県内外から多くの方が施設見学や社会学習に訪れており、全国のモデル的な先進農業地域としての展開が期待され、その実現に向けて努力していく所存でございます。今後も、組合員の皆様、地域の皆様、関係機関の皆様のより一層のご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶と致します。

概要

名 称九頭竜川鳴鹿土地改良区
目 的農地、農業用排水施設などの農業生産基盤の適切な維持管理を行い、農業生産の向上と安定的な農業所得増加を図るとともに、緑豊かな自然環境を守り、国土保全、伝統文化の伝承など農村集落の多面的機能を発揮し、活力ある農業農村の実現を目的とする。
所在地〒910-0334 福井県坂井市丸岡町東二ツ屋17-59
設立年月日平成29年12月19日
地区(総地籍)9021.6ha
土地改良区域福井市、坂井市、あわら市、永平寺町
組合員(総数)8,921人
理事長山本 文雄
副理事長木村 市助
副理事長木村 强
総括監事山田 源則
総 代100人
理 事21人
監 事5人

令和元年12月末日現在

フォトギャラリー